パチンコ依存症を克服する治療方法|借金をした家族の末路は悲惨

パチンコ依存症を克服する治療方法

 

この世でギャンブルというものに手をそめると、その魔力にはまり抜け出せなくなる場合があります。

 

ギャンブルの中でも趣味として比較的、普通に行われているのがパチンコと言われます。

 

最近のパチンコはギャンブル性が高くなり、勝つときは高額を得られることもあるとしてスリル満点になっています。

 

ですから大当たりをして、大金を手にしたならその快感を忘れられなくなる場合があります。

 

つまり、パチンコ依存症になってしまうわけです。

 

そんなのになるわけがないと思っていても、パチンコをする人は誰でもなる可能性のある病気です。

 

パチンコ依存症はやってはいけないと思っても、体が快感を覚えているのでその気分をまた味わいたいと脳が勝手に思うのです。

 

自分の意志でやめることができず、パチンコのために借金をつくる人もいます。

 

そんな泥沼から克服する方法は、パチンコ依存症が病気だと理解し精神科を受診することが望まれます。

 

パチンコ依存症の治療として、パチンコをしなくてもイライラしないように精神安定剤を服用する方法があります。

 

それだけの治療方法で克服するのは簡単ではありませんが、パチンコ店に行かないと決意し自分がパチンコ依存症を克服するという強い気持ちを持つことが治療には必要です。

 

 

パチンコ依存症の原因と病院で診断をうけることが必要

 

パチンコが大好きという人は少なくありません。

 

パチンコは元手が少なくても、かなり儲けがでる日もあります。

 

次の日はうまくいかなくても、また儲かる日もあるということで、やめられなくなるケースがあります。

 

それでも自分のお小遣いの範囲でできたり、ストレス解消程度で済めば問題がないですが、仕事そっちのけでパチンコ屋に入り浸ってしまったり、借金を繰り返しながらやってしまうのはかなり問題行為といえます。

 

あまりにも度を越してるケースはパチンコ依存症です。

 

パチンコ依存症というのは自分の感情ではコントロールできなくなっている立派な病気のことです。

 

その原因としては、ストレスも要因の一つです。

 

パチンコをやっていればつらい状況から離れられるということではじめたことでも依存症になっては、本末転倒ということになるのです。

 

原因はどうあれ自力でどうにもならないので、病院で依存症という診断を受けることが必要です。

 

病院で診断名がつくことで周りの人間にも理解してもらって治療がはじまっていけます。

 

それには家族は周りの人間の協力が不可欠になりますが、自分でも原因を冷静にうけとめて病院での診断や薬の処方を守ってパチンコ依存症を治していくという心掛けが必要になっていくのです。

 

 

家族がパチンコ依存症で借金をしており対応に苦慮

 

パチンコ依存症は病気としての認知が広がってきており、それには家族の毅然とした対応と借金対策が必須となります。

 

パチンコに一度のめり込んでしまった場合の多くは、金銭感覚が通常のものとはズレてきてしまいます。

 

場合によっては数十分で何万円ものお金がなくなってしまうこともあり、そのたびに消費者金融などから借金をして、そのお金をさらにパチンコにつぎ込むという悪循環に陥っている場合がほとんどです。

 

家族が制止しても簡単にはやめることができず、パチンコ依存症においてはまた別の対応が必要となります。

 

パチンコ依存症の患者の多くは、少なからず僅かなお金で大きなリターンが得られたという成功体験を味わっており、その時の快感が忘れられずにのめり込んでしまうというケースです。

 

今は負けて借金もしているが、1回当たれば大きい金額が得られて全て返せるだろうという甘い考えを持ってしまいがちなのです。

 

そこで家族がとるべき対応は、パチンコ依存症の本人を専門医に診察してもらうことが第一です。

 

明らかに異常であり、依存症に陥っている本人もこの状態が普通ではないことを認識していることも多いので、早めの受診が肝心です。

 

適切な投薬やカウンセリングによって改善も見込めますので、家族は見放さずに治療をサポートしてあげましょう。

 

 

パチンコ依存症の末路は悲惨

 

ギャンブル依存症の一つであるパチンコ依存症は、パチンコを止めることができない症状で、その末路には悲惨の文字が待っていると言われています。

 

その症状はパチンコ台の大当たり時に脳からエンドロフィンやドーパミンなどの快楽物質が分泌され、それが薬物に依存するのと同じで常習性を持つこととなります。

 

つまり毎日、何時間でもパチンコを遊戯し続けたい状況に陥ってしまい、家計を顧みずに行ってしまうことが多いです。

 

またパチンコを止めようとしても集中力の低下や感情の乱れ、発汗、手の震え、不眠、幻視などの症状が現れ、それでまたパチンコを遊戯してしまうというのがパチンコ依存症の実態です。

 

つまり大当たりの派手な演出や点滅するネオンなどにより、人間の交感神経を刺激しトランス状態に陥らせて、リラックス効果が生まれていきます。

 

この高揚感を得ることができるため、止めることが出来なくなり、浪費に走り最後は借金まみれの末路となり悲惨となります。

 

パチンコ依存症は意志の問題や性癖、趣向の問題とされ、精神病の一つであると認識されてこなかった事情もあります。

 

そのため、多くの方が多重債務に陥り、その末路として自殺の原因になったり、離婚や一家心中などの原因にも繋がったりして悲惨な出来事も起きています。

 

 

おすすめ情報

 

パチンコ依存症を克服するには、様々な事をする必要があります。
その中でも大きいのが、ほとんどの依存症の人が陥っている借金苦などの生活苦の状態から抜け出すことです。
また、借金苦の人の中には、闇金で苦しんでいる人が多いのも現実です。
下のサイトなども参考にしおがら、パチンコ依存症を克服していただきたいです。

 

闇金の相談は警察で対応してもらえる?